人脈を作る方法

交流会における名刺について考察しまくった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
business card

交流会における名刺のアレコレについてまとめてみました。

そもそも、いまどき名刺にメリットってあるのでしょうか?

連絡先の交換だけならLINEで簡単にすることができます。

ビジネス交流会では名刺を出すことも多いですが、カフェ会では名刺はあまり見かけません。

現にほとんど見かけませんし、いても自分の情報のために名刺を渡すというよりは、自分の所属している会社のチラシ代わりに渡したい、という人ばかりです。

名刺がなくても、FacebookなどのSNSの交換で様々な情報を交換して繋がることができます。

名刺のメリットについて

名刺にしかないメリットってなんでしょうか?

名刺のメリットその1 情報をなんでも載せることができる

名刺は、連絡先や肩書などの情報を相手に与えるものです。

名刺がなくてもLINEやFacebookなどのSNSで連絡も、相手の情報も簡単に見れるようになりました。

では今現在、名刺にしかないメリットってなんでしょうか?

名刺は、Facebookなどでは見づらい情報を載せるのに適しています。

例えば会社の住所や地図など、Facebookに情報を載せていたとしてもそこで見る人ってほとんどいませんよね。

だいたいの人は「あの会社の住所どこだっけ?」と会社のwebサイトなどを見ようとすると思います。

これはちょっとした手間ですが、名刺に住所や地図があればすぐに取り出して確認することができます。

名刺のメリットその2 連絡先交換の時間がなくてもOK

LINEの交換をするのって、特にどちらかが操作に慣れていないと時間がかかりますよね。

交流会でも時間がなくてアタフタする場面もあります。

Facebookなども、検索しても相手が見つからない場合も多いです。

連絡先を交換したいけど、バタバタしていて交換しそびれる…そんな時に名刺は有効です。

名刺にLINEやFacebookのQRコードを載せておけばオーケーです。

名刺のメリットその3 名刺交換ができる

あたりまえですが、交換ができます。

相手が名刺を出してきても、名刺がなければ一方的に受け取る形になってしまいます。

相手はなんだか寂しいというか、微妙な気持ちになりますよね。

名刺交換のために名刺!それが名刺の存在価値です。

名刺のメリットその4 紹介を得やすくなる。

あなたの名刺を持っている人が、あなたにクライアントを紹介したい場合に役に立ちます。

紹介者がその場でクライアントにあなたのLINEやFacebookを送る…というめんどくさい作業をせずに済みます。

あなたに紹介の旨を伝えてOKを取ったら、あなたの名刺を渡せばいいだけなんですから。

名刺があるとその人を紹介しやすくなるという利点は大きいですね。

さらに名刺を便利するためには?

名刺

そして、連絡先の交換をしそびれないようにLINEやFacebookのQRコードは載せておくといいですよね。

しかし、相手が後からQRコードでリクエストを出してくれるかどうか分からないので、可能な限りその場で連絡先の交換をしたほうが安全。

また、相手があなたの情報を読み取るのに便利なメモとして、会社の住所や地図、ブログ名などを記載するのもアリですよね。

様々なサービスが存在している現代ですが、名刺の価値もまだまだなくなっていません。

名刺を最大限活用して、交流会で人脈を広げていきましょう。

異業種交流会では、名刺はその人のネームプレートになることも。

ビジネス系の異業種交流会では、首から下げるネームプレートに名刺を入れて会場に入る所も少なくありません。

そんな交流会の会場では、名刺の見やすさやデザインが重要になります。

交流会で効果的に人脈を得るために、最適な名刺デザインについて考えてみました。

ネームプレートにするなら目に止まりやすく、読みやすいのが一番

首から下げる名刺は、相手の名前を確認するためのものですから、名前の文字は太字で大きく、真ん中に大きく配置したほうが吉。

肩書も太字で見やすく、名前の上か下に配置します。

また、読むのが難しい漢字の場合は、ローマ字ではなくひらがなかカタカナでふりがなを付けましょう。

名前が読めないと相手が困ってしまいますし、ローマ字は見づらいのです。

ネームプレートとして使うのですから、情報盛りだくさんでごちゃごちゃよりも、シンプルが一番!

名前と肩書が読めればokですよね!

交換用の名刺以外に、首から下げる用のものを別に作るといいですよ。

最適な、名刺に使う色は?

カラフル

名刺は白黒だと寂しい感じがするし、印象にも残りませんから、色をつけるとGOODですね。

色の種類が多すぎると印象がぼやけてしまいますから、メインカラーを選んで2色くらいで構成します。

名刺に使う色は以下を参考にしてみてください。

赤=目を引きやすいのがグッド。情熱的な印象を与えるので、起業家やベンチャー屋さんにおすすめ。

オレンジや黄色:赤以外の暖色は、明るさや楽しさをイメージさせます。楽しいことをする仲間を見つけたいクリエイティブ系の方におすすめ。

青=誠実で清潔感のあるイメージ。税理士さんや士業の方におすすめ。

緑=リラックスを与える優しい色。カウンセラーや優しさを売りにしたコンサルタントの人におすすめ。

ピンク=女性的な色。女性らしさを出したい方におすすめ。

紫=芸術やスピリチュアルなイメージを与えます。スピリチュアル系の方などにおすすめ。

名刺に画像を入れるのもアリだよね!

飼っているペットの画像や、好きな風景の画像、お子さんの画像などを入れるのも良いです。

目立ちますし、プライベートが見えるため安心感を与えることもできます。

さらに、そこから話題が発生するので会話もしやすくなります。

どんな画像を入れれば、どんな話題に発展するか…なんて考えて画像を選ぶのも楽しいですよ。

名刺は人を表します。

できるだけ印象がよくて見やすい名刺を作りましょう。

交流会、名刺交換の際のポイント

名刺交換の際のポイントは、色々な書籍さサイトで論じられていますが、本当に大切なのはひとつです。

それは…名刺を尊重するという心。

名刺の扱い方はちょっとした動作に現れます。

本当に大切に思っていると、必ず伝わりますね。

終わりに。

ちょっとしたことで、人と人は繋がります。

結果、名刺などのちょっとしたことを雑にせず、チャンスに変えることで、交流会では人脈がどんどん広がっていきます。

ぜひ、参考にして交流会で豊かな人脈を作ってください。

コチラの記事も合わせて読むとさらに役に立ちます。
交流会の便利な6つの使い方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本当に価値のある交流会


交流サロンTAKIBIの交流会は、参加者に価値を届けます。

交流会の価値とは、楽しいこと、出会いがあり人脈ができること。

そして、それ自体が価値であること。

だからこそ、価値のある人が集まります。

スケジュールを確認