交流会とは?カフェ会とは?良く分かるコラム

なぜ、交流会を主催するようになったのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

交流会の主催者になったワケ。

今では当たり前のように「交流会を主催しています」と自己紹介をしていますが、交流会の主催を始めるほんの半年前は交流会に参加したことすらほとんどありませんでした。

よく、「どうしてカフェ会をやろうと思ったんですか?」と聞かれます。

その場合は「いきつけのBARがお客みんなで会話をするような所で、そのような場所を提供したくなったから」と答えています。

しかし、元々はもっと根深い所から来てるかもなあと思います。

なぜなら元々、知らない人同士で集まって話をするのが好きだったからです。

人と話すことを最初に仕事にした学生時代

大学時代に、スポーツクラブでバイトをしていました。

埼玉の住宅街にある小さなスポーツクラブで、従業員は3人しかいません。

主な仕事は常連の会員さんとのお喋りでした。

同時期に通っていた英会話スクールでも、レッスンを通して初対面の人たちと話すことに楽しさを覚えていました。

常連さんは独身の方が多く、誰もいない家に帰るよりも人と交流したくて通っているようでした。

スポーツ交流会、みたいなものですね。

人と話すためにBARに通い詰める

冒頭でちょっと触れたように、BAR通いをしていました(現在もしています)

社会人になって、ちょっと高級なBARに背伸びをして通うようになりました。

BARのお客さんは企業経営者が多く、そうした人たちの話は面白く飽きません。

バーテンダーの人とも仲良くなり、BARが自分の家のようになりました。

BARではその日いるお客さんみんなで会話が発生するすることが多く、いつもプチ交流会状態です。

週に3回は通っていたので、徐々にコミュニケーションスキルが向上していくのが分かりました。

交流会でも、何度も参加していればコミュニケーションスキルが向上していくと思います。

カフェ会をやってみたいと思い立つ

そうした中で、徐々に人脈ができ初め、いつか異業種交流会の様なものを運営できたらいいな、と思うようになりました。

とはいえ、「いつか」で考えていましたが…。

そんな時、カフェ会というものの存在を知りました。

カフェ会なら、BARのような人と交流ができる空間をお酒を呑まない人たちや、BARには行かない層の人たちに提供できると考えました。

そして、交流会の主催を仕事にすれば人脈が広がって、いつか別のビジネスを作る時にも大いに役に立つのではないかと思いました。

初めてカフェ会に参加してみる

カフェ

カフェ会を運営する交流会を立ち上げたいと考えましたが、経営の基本はその世界を良く知ることですね。

まずはいくつかのカフェ会に参加をしてみました。

2件だけ参加してみましたが、偶然はずれだったのか、正直言って退屈で、長時間そこにいることすら苦痛でした(すみません)

自分ならもっといいカフェ会が作れるんじゃないかと思い、やる気がわいてくるのを感じました。

また、交流会の世界を変えていきたいという理想も広がっていきます。

こういう交流会を作りたいと理想を持つ

cropped-交流会takibiロゴ.jpg

こういうカフェ会にしたいという理想の原点は、自分が通っているBARです。

ゆったりとくつろげる空間でなければ会話を楽しむことはできません。

そこで、お店選びにもこだわりを持ちました。

テーマを「やさしさ」として、心を癒すことのできる場所を作りたいと思いました。

そういう意味からTAKIBIという名前にしました。

焚火を囲んで、暖をとるように談笑できる場所を作ろうという意思を込めたのです。

とにかく、カフェ会は楽しく、「来てよかった!」という気持ちで帰ってもらえることをいつも目指しています。

やめられない交流会の主催者

毎日人に会えるのは楽しいことですし、普通に生きていたら知り合えなかった人たちとも仲良くなれます。

主催者をする前は「交流会で本当の人脈なんてできない、どうせたいした人はこないんじゃないの?」と交流会にもほとんど出たことがないくせに偏見を持っていました。

しかし、主催者という立場とはいえ毎日交流会の場にいるため、人脈プールはどんどん広がっていきます。

何千万も稼ぐ人や、素晴らしいビジネスを1から築き上げている人とも友人になれました。

良く聞く交流会に意味がないなんていうのは偏見です。

交流会は数をこなすことで、人脈パワーとコミュニケーション能力が徐々に上がっていくのです。

これからの展望

交流サロンTAKIBIをどんどん広げていきたいのですが、質に関して妥協はできないので、ゆっくりと規模を拡大していきたいと思います。

そして、「交流会は素晴らしいもの」という認知を一般に浸透させるよう尽力するつもりです。

コチラの記事も合わせてお読みください。
交流会を半年間、ほぼ毎日のように開催していると内面が変わるか。

本当に価値のある交流会


交流サロンTAKIBIの交流会は、参加者に価値を届けます。

交流会の価値とは、楽しいこと、出会いがあり人脈ができること。

そして、それ自体が価値であること。

だからこそ、価値のある人が集まります。

スケジュールを確認

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。