交流会とは?カフェ会とは?良く分かるコラム

交流会の主催者のキャラクターで参加者層は変わっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kind of

交流会は自然と住み分けができてくる。

交流会の雰囲気は主催者によって大きく左右されます。

主催者のキャラクターによって催す交流会の趣旨も違ってくるので、初参加の人でもタイプが分かれていますね。

しかしそれだけでなく、交流会を続けていると自然と主催者に似た人やマッチした人がリピートするようになり、交流会によって参加者のタイプに大きな違いが生まれていきます。

同じような交流会でも、主催者が違えば自然と参加者層は分かれていきます。

どのような住み分けができているのか。

ビジネスビジネスしている主催者は、やはりビジネス系の交流会を催します。

参加者もビジネスを求めて交流会に来る人や営業の人などが多くなります。

飲んで騒ぐのが得意なクラブにいそうな主催者の元には、やはり似たタイプの参加者が集まっていきます。

大人しい主催者の元には大人しい人たちが集まっていきます。

交流会を長く続ければ続けるほど、参加者層はくっきり分かれていくのではないでしょうか。

また、主催者の年齢や性別、職業などにも左右されますね。

さらに、このように公式サイトを作ると主催者の交流会へのイメージが具体化されて見えます。

ビジネス系ならビジネスチックなサイトが出来上がりますし、若い人たちでワーッとしている画像をバンバン貼っているサイトや、
老舗感のあるサイト、中高年向きなサイトなど、個性がモロに出ます。

そういった意味でも、公式サイトを持つことは意味がありますね。

交流会のイメージをより具体化して伝えることができれば、自分に合った交流会を選んで参加しやすいですから。

主催者としては、自分のキャラクターにマッチした交流会を創っていくことは大事なのではないかと思います。

そのためにも、イベントオーガナイザーは自己分析や自分を客観視する能力が求められますね。

交流サロンTAKIBIは?

rogo_orange

交流サロンTAKIBIは、楽しくがモットーなので、楽しい時間を共有したい人が集まります。

しかし、飲んで騒いで!という感じではありません。

なので、若い人だけでなく幅広い年齢層の方々に来ていただいています。

僕は経営も趣味のひとつなので、経営者の参加者も多いですが、交流会にビジネスだけを求めている人は自然と離れていきます。

あくまで楽しく仲良くなって、その結果ビジネスにもつながれば素敵だよね、というスタンスなのです。

また、心を癒せる場所を意識しているので、癒しを求めてストレスの多い職場でがんばっている人が休憩をしにやってくることも多いです。

また、変わっていて面白い人や、そういう人が好きな人が自然と集まります。

素晴らしい交流会を作るために必要なこと。

素晴らしい参加者が集まるほど、素晴らしい交流会になります。

そのためには、主催者自身が素晴らしい参加者が集まるようなパーソナリティにならなければなりません。

さらに、コンセプトや場所選びなども一貫させて、全体的な交流会を作り上げることが求められます。

交流会の一番の価値は、いい人と出会えて楽しい時間を共有できるということですから、そうした主催者の意識はとても重要です。

コチラの記事も合わせてどうぞ。
なぜ、交流会を主催するようになったのか。

本当に価値のある交流会


交流サロンTAKIBIの交流会は、参加者に価値を届けます。

交流会の価値とは、楽しいこと、出会いがあり人脈ができること。

そして、それ自体が価値であること。

だからこそ、価値のある人が集まります。

スケジュールを確認