人脈を作る方法

最高の人脈を作るコツは、相性を知ること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
feel good

交流会では、相性の良い人が必ずいます。

人脈を作ろうとしていくら頑張っても、まったく成果が出ない。

苦しいですよね。
もしかしたら…相手を間違えているだけなのかもしれません。

相性というものは、世の中で思われているよりずっと絶大な力を持っています。

相性の良い人と組むと、仕事もプライベートも驚くほど上手くいきます。

逆に、相性の悪い人といると、なぜか損をしたり痛い目を見たりします。

今回は、相性の良い人と悪い人の見分け方について解説していきます。

相性の悪い人といるとどうなる?

相性の悪い人

相性の悪い人はフィーリングが合わないから、一緒にいてもお互いに心地良くない、という経験があると思います。
でも、サラリーマンをしていると相性の悪い上司や同僚とも付き合わなければならないから、そこに苦しみが生まれますね。

相性の悪い人といると精神的に疲弊するし、よけいな神経を使うので仕事でミスも生まれやすくなりますね。

それだけではなく、様々な細かいタイミングや呼吸が合わないため、いつも損をしたりするハメになります。
無理やり相性の悪い人と一緒に居ようとしても、うまくいきません。

相性の良い人といるとどうなる?

相性の良い人

相性の良い人って、お互いにお互いの気持ちが通じ安いため、阿吽の呼吸が生きます。

頭もさえるし、やりたいことや目標の向きも同じことが多いので、お互いに協力をして成功をしやすいですね。

本当に相性の良い人が周りにいると、仕事もプライベートも驚くほど円滑に成功に向かいます。

相性の良しあしの見分け方

では、どうして相性の良い相手、悪い相手を見分けるのでしょうか。

答えはあなたの経験の中にあります。

今まで、一緒にいてうまくいかなかった人、うまくいった人を思い浮かべてください。

パーソナリティ(人格・性格)、年齢(年上か年下か)、性別、必ず何かしらの共通点があるはずです。

もちろん、全員に共通した共通点ではなく、

相性の良い人にAという共通点がある人が半数いて、もう半数にBという共通点があったりします。
つまりA,Bが相性の良い傾向にあるということになりますね。

分析、分析、分析です。

人に会えば会うほど相性の良い相手が分かる。

人脈

分析をするためには、分析のためのサンプルが多ければ多いほどいいですよね。
分析や統計の基本です。

と、いうことはたくさんの人に会わなければなりません。

そのための簡単な方法として、交流会をおすすめします。

交流会では、相性の良い人と出会いやすい

実は、初対面でたくさんの人と同時に会う場所ほど、相性の良い相手がわかりやすいのです。

そういった場ではお互いのフィーリングに多少なりとも敏感になるからです。

特に、カフェ会ではじっくりお話しができるので、相性の良い相手を探すには最高のステージです。

相性の良い相手の特徴が分かると人生が変わる。

自分にとって相性の良い人が分かると、仕事でプライベートでもそういう人たちを身近に置くことで、幸せになることができます。
相性の良い人とは元々仲良くなりやすいですから、すぐに人脈形成ができます。

交流会に出れば出るほど相性の良い人に出会いますから、どんどん人脈を広げることが可能になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人脈がザクザクできる交流会

交流サロンTAKIBIの交流会は、楽しい時間を共有するからこそ、人脈がザクザクできます。

考えてみてください、楽しい思い出を共有する人って、昔からの友達の様に仲良くなれませんか?


交流サロンTAKIBIは、楽しいを突き詰めるからこそ、人脈を形成させることができることに気づきました。

人脈が欲しい人はクリック