人脈を作る方法

有用な情報はwebではなく、人から得なければならない時代になっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

web上にない情報が価値を持ち始める

これまでの時代は、人の持つ情報は古く、web上に存在する情報こそが新鮮で価値のあるものでした。

しかし、webに情報が溢れることがあたりまえになり、本当に有益な情報は少なくなり、手に入りにくくなりました。

webには情報が氾濫していますが、そのほとんどは調べれば出てくる情報の焼き直しです。
つまり、同じ情報だけが量産されているのです。

誰でも手に入る情報の価値は薄い

このような情報は情報リテラシーの高い人間ならだれでも手に入るし、知っていることなので、こうした情報を持っていたからと言って他より有利になることがほとんどありません。

つまり、以前に比べて価値がなくなってしまったのです。

日本人全体の情報リテラシーが向上して、誰もがweb上の情報を手にすることができるようになった今、他と差をつけるためにはweb上にない情報を持たなければならないのです。

手に入りにくいものほど価値があるのですね。

そこで、人と交流をしたり、実際に現地にいかなければ手に入らない情報の価値が上がりました。

セミナーでも、不人気セミナーは、ネットで調べればすぐに出るようなことをダラダラと教えますが、
人気セミナーは、ネットで調べても出てこない独自の情報を提供しています。

つまり、これからの世界で有利にビジネスを進めるためには

1,独自の情報源を持つ
2,積極的に人と交流を持つ
3,お金を出して有用な情報を得る

という行動が必要になります。

交流会の役割が大きくなる。

交流会

その中で、交流会というものは、

2,積極的に人と交流を持つ

を提供する場所として最適なものにならなければなりません。

お互いに情報交換ができるようになるには、信頼関係が必要ですよね。

信頼感を作るための場所作りが上手な交流会ほど、今後必要とされていきます。

信頼感のある交流会を作るためには、まず運営・主催側が信頼できる団体・人物にならなければなりません。
そのために、誠実な運営、安心感のある交流会作りが必要になりますね。

今後、人と人とのつながりによる情報交換の重要性が増していくにつれ、交流会の持つ役割は大きくなっていくでしょう。

最後に

これからの時代に向けて、交流サロンTAKIBIは交流会としての価値をより多く提供していかなければなりません。

そのためには、交流サロンTAKIBIが成長をしていく必要があります。

現在はカフェ会系の交流会を中心に活動していますが、様々な形の交流会を徐々に展開していく展望を持っています。

こちらの記事もぜひお読みください。
交流会で出会った人とのwin-winへの発展は、超クリエイティブな作業です。
交流会で広げた人脈の5つの管理術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本当に価値のある交流会


交流サロンTAKIBIの交流会は、参加者に価値を届けます。

交流会の価値とは、楽しいこと、出会いがあり人脈ができること。

そして、それ自体が価値であること。

だからこそ、価値のある人が集まります。

スケジュールを確認

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。