人脈を作る方法

人脈の大切さってなんだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
頭ひとつ

人脈を作るのが大事、と言いますが。

人脈が築かれていくと、思った以上の人脈によるパワーを実感することができます。

ここでは、僕が「人脈を作ったおかげだ!」と実感した人脈パワーについてちょこちょこっと解説をしていきます。

情報が手に入る。

今の時代、「ネットの情報の質が下がってきた」と言われています。

あらゆる方法を使い検索上位に位置しているサイトの信頼性に疑問がもたれているからです。

また、ネットで手に入る情報は誰でも手に入るので、抜きんでるためには「ここだけ情報」が必要になってきました。

リアルやSNSで人と話していると、その話の中でしか手に入らない情報が手に入ることが多々あります。

また、そういった情報が本当に重要で有用なことも経験上多いです。

呼びかければスペシャリストが集まる。

人脈が豊富になってくると、LINEタイムラインやSNSで「~なビジネスをしたいのですが、~が得意な方いらっしゃいますか?」と呼びかけるだけで、「そんな人を知っています」「僕はスペシャリストです」という反応が多く返ってくるようになります。

スペシャリストだけでなく、色々な呼びかけに対する反応があるので、非常に心強いものになります。

また、紹介紹介の流れでどんなビジネスでも回っていくようになりますね。

一定数以上の人脈があると、さらに拡大しやすくなる。

人脈

人脈の大きさが一定数を超えると、向こうから繋がりがやってくるようになります。

人との繋がりが自然と増えるようになっていき、何もしなくても人が集まってくるようになります。

ここまでいくと、どんな物事でもうまくいきやすくなります。

これからのビジネスでは人脈の重要性が高くなる。

過去は、大企業がたくさんの顧客を集めることができましたが、今の時代「どうせなら知り合いから買う」が増えてきています。

そのため、たくさんの繋がりを持っている人が有利な時代になりました。

江戸商人は【火事になったらお得意様名簿を持って逃げる】と言われていますが、まさに原点回帰の時代なのです。

人脈づくりすすめ

「たくさんの人に会っているのに人脈ができない」とこぼす人のほとんどは、人と会うだけです。

人と会った後、どう繋がりを作るかに対する施策が全くありません。

僕はFacebookは必須のツールだと思っています。

Facebookは、繋がりを深めるために欠かせないからです。

LINEを持っているのはあたりまえ、LINEタイムラインへの投稿もマストです。

できればブログもあったほうがいいです。

人に会うだけでなく、繋がりを深めるツールを使いこなすことが大事なんです。

また、交流会で人と出会ったら、その後アポを取って一対一でじっくり話す時間を作ることも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る