人脈を作る方法

人脈が変わるのは、進んでいる限り当然のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、交流サロンTAKIBI運営者の古田です。

よく、ステージが上がると付き合う人が変わるという声を耳にします。

たしかに、その通りだと思います。

しかし、ステージに優劣があるという考え方はあまり好きではなくて、その人その人にとって一緒にいるべき人たちが変わるだけだと思っています。

人脈の移ろいというもの。

例えば、これから起業をしたい!という想いのある人たちとの繋がりをたくさん持っていた人がいたとします。

しかし、ビジネスとして成功をしてくるに従い、自分の活動の幅が変わってくることがあります。

そうなると、これから起業をしたいというタイプの人たちよりは、今あるビジネスを大きくしたいというタイプの人たちとの付き合いが増えていくかもしれません。

こういった移り変わりを、人脈のステージが上がると形容されるのです。

僕の中では、上に上がるというよりは横にスライドしていく感じです。

なぜなら、ステージに上下はないと思っているからです。

上下はないけど、深みはあるのかなと思っています。

ただし、あくまで主要な繋がりの人たちのタイプが変わるというのであって、
そうでない人たちとは付き合わない!というような姿勢は貧しいと思います。

大事なのは循環

どちらにしても、自分と繋がっている人たちは自然と変わっていくことが多いですよね。

自然と切れて行ったり、自然と繋がりができたり、昔切れた人とまた良いご縁になったり…。

ただし、人脈の循環がなければ良い意味での人脈の移り変わりも生まれません。

だからこそ、人と会う事が大事なんです。

循環とは、自然と同じです。

自然界では、季節が来れば鳥たちがやってきて、季節が終われば離れる。

人間関係もそのように循環があると思うのです。

もちろん、その場所に留まって生きる生き物たちもいます。

しかし、循環はエネルギーを生み、新しいチャンスを生み出します。
 

今ある繋がりの人たちと定期的に合ったり、新しい出会いのチャンスを定期的に持ったり。
能動的に循環をさせることが大事なのではないかな?と思うのです。

うちのような交流会の存在意義は、新しい出会いのチャンスを持てることにあるのだろうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本当に価値のある交流会


交流サロンTAKIBIの交流会は、参加者に価値を届けます。

交流会の価値とは、楽しいこと、出会いがあり人脈ができること。

そして、それ自体が価値であること。

だからこそ、価値のある人が集まります。

スケジュールを確認

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。